スパーキー佐藤の早漏対策メニューの内容はこれ

スパーキー佐藤の早漏対策射精コントロール法は早漏を自力で改善する教材としての第一人者でありいまだこのスパーキー佐藤の方法を超える早漏克服マニュアルは存在しません。

この早漏対策のコンセプトは14日間で早漏治療薬やスプレー、サプリなどを持ちいずに自力で早漏防止を目指すことが可能だということです。

14日間で早漏を防止するスパーキー佐藤の方法

早漏を克服方法として最も有名な教材

購入者の数も軽く1万人以上はいっているはずです。早漏男性はスパーキー佐藤のマニュアルで早漏を克服したという方が多いようです。

僕も早漏で悩んでいて挿入時間が3分が限界というかなりな早漏だったのでスパーキー佐藤さんの動画教材「早漏対策」にはとても助られれた過去があります。

たぶん、購入して満足して実践していない人が結構いると思いますが非常にもったいないです。

じっかり早漏革命の動画を見て、実践していただければ早漏防止するという結果がついてくると思いますので、ぜひ頑張ってみてください。

まずは動画をじっくりとメモを取りながら見ることからです。

1時間弱ととてもコンパクトに凝縮された動画教材ではありますが、一度流して見ただけだと混乱するほど内容のボリューム感もあって質もよいと思います。

解説の男性(ミスターDさん)が少し、早口でどんどん進行していくのでテンポがよいです。

https://sourou.work/ 

仮性包茎は皮オナニーで早漏と包茎がひどくなる

思春期の間違ったマスターベーションによって仮性包茎は進行してしまうのをご存知でそうか?仮性包茎の方はペニスに、余分な皮が余っているのでついつい楽をして、オナニーの際、皮の上からしこってしまう場合が多いのではないでしょうか

実はこのやり方は包皮を伸ばしたり縮めたりすることで少しづつ皮が余ってくるようになってしまうのです。

また亀頭を刺激せずに射精するという習慣化してしまうことによって早漏になりやすいと言われています。この俗に皮オナと呼ばれているやり方はとても危険だという意見が多いです。

早漏が進行、包茎が進行・・・

これで即効で射精するようなオナニーを繰り返していますと、癖になってしまい早く射精するという習慣がついてしまうためどんどん早漏がひどくなり、ペニスの皮はますます伸びてしまいます。

オナニーの度に、皮を伸ばす運動をしているわけですね。仮性包茎がひどくならないように、今すぐ皮オナニーをやめたほうがいいでしょうね。

余談ですが、僕は友人から皮あまりと呼ばれていました。

これはめちゃくちゃショックだったのですが、あそこが成長すると同時に包茎は解消できました。

仮性包茎の方は今はかなり安く(なんと3万円から)手術で治すことができます。

しかもその激安クリニックが、日本屈指の人気を誇る大手で優良クリニックです。

仮性包茎手術に関心がある方は当ブログ内の以下の記事をご覧ください。

砲径手術 何歳ぐらいで?男性器の包皮が剥ける年齢

早漏改善は2週間で可能

滄浪をすぐに治す方法とでまではいきませんが、自力で改善する手法もインターネット上で購入することができます。

先ほど紹介した早漏革命のほかにも、田渕正浩さんの早漏改善ブートキャンプなども人気ですね。

以前は5万円程度した高額な教材でしたのが現在は比較的お求め安くなっています。

人気男優の、しみけんさんも田渕さんのことは絶賛していますし、しみけんさんも以前、早漏だったときに、田渕さんに相談したことがあるとインタビュー動画で語ってるのを見たことがあります。

ただし、現在はスパーキー佐藤の早漏対策が圧倒的な地位を得ているように思います。

スパーキー佐藤の早漏対策の公式サイトはこちら

仮性包茎などでペニスが皮で覆われている状態が長く続きますと、不潔なことはもちろんですが、ペニスが刺激になれていないいため、早漏になりやすいのです。

ですから、スパーキー佐藤式の少し特殊なトレーニングが有効です。

早漏革命に関しては下記サイトにもまとまっていますので、参考になるかもしれません。

早漏防止薬の個人輸入について思うこと

オオサカ堂やベストケンコー、アイドラッグストアー、ユニドラなどで早漏治療薬のジェネリックを個人輸入して早漏を防止してる方もいるかもしれませんが結局、症状を薬で抑えているだけなので根本解決になりませんし、継続的にお金がかかりますよね。

また長年、医薬品を続けることによって出てくるかもしれない副作用のリスク、責任はあなた自身が負わなくてはいけません。

さらに、こういった医薬品の頼る場合、若い方のほうがより大きなリスクを背負うことになります。

医薬品は長期摂取した場合(数十年)の副作用が評価されていない場合が多く後で、あの薬は〇〇には効くけど、ガンになるリスクがあがって全体的に死亡率が何も薬を服用しない場合よりあがってしまったなど、数十年後の研究によって判明することもあるのです。

最新情報をチェックしよう!